追い炊き風呂に入浴剤はNG!使ってはいけない理由と使っても大丈夫な入浴剤

追い炊き風呂に入浴剤はNG!使ってはいけない理由と使っても大丈夫な入浴剤
NEW!

せっかくお風呂に入るのであれば、常に温かい状態で入浴したいですよね。
お風呂の追い炊き機能は非常に便利で、数分待てばお風呂を沸かしなおしてくれるので様々な家庭で役立っていると思います。
しかし、メリットが多い追い炊き風呂にも入浴剤が使えない可能性があるというデメリットがあります。

今回は、なぜ追い炊き風呂に入浴剤を使ってはいけないのか。
どんな入浴剤であれば使用可能なのか、紹介したいと思います。

追い炊き風呂の仕組み

追い炊き 排出口
まずは、追い炊き風呂の仕組みを解説したいと思います。
お風呂の追い炊き機能は、温くなってしまった浴槽のお湯をポンプが吸い込み、再度温めてから排出するという仕組みが基本になっています。
浴槽のお湯がポンプに吸い込まれ、温かくなって浴槽に戻ってくるイメージですね。

この追い炊き風呂のイメージを元に、入浴剤を使ってはいけない理由について下の項目で紹介したいと思います。

入浴剤が配管の腐食を進める

追い炊き風呂の仕組みを理解して頂けたと思うので、さっそく追い炊き風呂で入浴剤がNGな理由について解説したいと思います。
結論から言うと、入浴剤が入ったお湯を追い炊きするとパイプが腐食します。
追い炊き機能は、浴槽のお湯をパイプに通し温め排出するもの。

硫黄などを使わないことで、浴槽が傷つかないように気を付けている入浴剤は多いですが追い炊きのパイプの事まで考えている入浴剤は少ないです。
追い炊き時にお湯が通過するパイプは金属なので、入浴剤に配合されている成分とパイプが反応し腐食やサビの原因になる可能性があるため、追い炊き風呂に入浴剤をお勧めすることが出来ないのです。

特にNGな入浴剤の成分

追い炊き風呂で使ってはいけない入浴剤の成分の中でも、特に注意が必要な成分を解説します。

  • 硫黄
  • 炭酸ガス
  • 塩化ナトリウム
  • 炭酸カルシウム
  • 生薬などの固形物

これらの入浴剤成分はパイプの詰まりや腐食を促進させてしまいます。
炭酸カルシウムは濁り湯系の入浴剤の殆どに配合されている為、お湯が濁るタイプの入浴剤には全体的に注意をしておきましょう。
もしこれらの成分が配合された入浴剤を使い続けると、パイプが腐食し修理や買い替えが必要になる事があります。
給湯器の買い替えだと安く見積もっても5万円、エコキュート系だと設置費含め30万円ほどの費用が必要になります。

数百円の入浴剤を使うだけで多額の出費がかかってしまうのであれば、追い炊き風呂の家庭では入浴剤の使用を断念しなければいけないかもしれません・・・。

追い炊き風呂で入浴剤を使う時は、追い炊きを禁止しよう

空の浴槽
追い炊き風呂の家庭の皆さんに吉報です。
実は、追い炊きをしなければ入浴剤は使うことが出来ます!(エコキュートを除く)
追い炊き風呂で入浴剤を使ってはいけない理由は、追い炊きパイプが入浴剤成分によって腐食してしまうから。
それなら、追い炊きをせずに流してしまえば問題は解決します。

常に温かいお湯の温度をキープすることは出来ませんが、追い炊き機能を使わなければ入浴剤は問題なく使うことが出来るのです!
(指定した時間内は自動で追い炊きをするお風呂の種類もあるので要注意)
エコキュート等を利用している家庭では、冬季になると配管凍結防止のためにお湯を抜くことが出来なくなるのでこの方法は実践出来ません。
(メーカーによって凍結防止機能はON/OFFが出来ます。)

追い炊きOKな入浴剤もある

散々「追い炊き風呂では入浴剤がNG」と紹介させて頂きましたが、実は追い炊き風呂でも問題なく使用できる入浴剤が存在します。
追い炊き風呂で入浴剤が入ったお風呂を使いたいあなたにオススメな商品なので、ぜひ一度ご利用ください。

バブ

バブの入浴剤は、追い炊きOKなものが多いようです。
バブの種類の中には、炭酸カルシウムを使った白濁湯タイプがありますがそれらは使用してはいけません。
エコキュートの公式もバブを使った追い炊きの検証していますが、問題なく使用することが出来たそうです。

安い価格で香りを楽しむことが出来るので、追い炊き風呂の家庭ではバブが役立つかもしれませんね。
種類が沢山あり、コンビニでも購入することが出来るメリットがあります。

薬用入浴剤 kankai カンカイ

カンカイは、パイプを痛める成分が一切使用されていない生薬パックの入浴剤です。
漢方の香りが苦手な方には向いていませんが、値段が高いだけあって嬉しい効能を複数体験することが出来ます。
追い炊き風呂でも質の高い入浴剤を使いたいという人にオススメです。

使っても大丈夫な入浴剤で追い炊き機能を使おう

今回は追い炊き風呂に入浴剤を使ってはいけない理由について解説させて頂きました。
使っても大丈夫な入浴剤を使用しないと、追い炊きによってパイプの寿命をどんどん縮めてしまい最終的にはあなたの財布に大きなダメージを与えてしまいます。
給湯器の買い替えはシャレにならない程大きな出費なので、正しく入浴剤を選んで快適なバスライフを楽しんでください!

この記事をかいた人

東山かおる
東山かおる

健康で長生きするためのブログをやっています。入浴は清潔になるだけでなく、健康のために必要な作用がたくさんあります。毎日の入浴に入浴剤をいれることで、その作用の効果を高め、リラックスでき、充実した時間を過ごすことができます。これは健康に非常にいいことですし、日々のストレス発散にもなります。ぜひ、みなさんも試してみてください。

東山かおるが書いた他のコラム