体がダル重…そんな時におすすめの入浴剤【3選】

体がダル重…そんな時におすすめの入浴剤【3選】

身体がダルイ人

朝起きても体がダルくて重い
休みの日が終わっても疲れが取れた気がしない。

体が重くてつらい毎日を過ごしているあなたは
毎日しっかりとお風呂に入っていますか?

入浴剤を使って湯船に浸かるだけでも
あなたの体に多くのメリットを与えてくれます。
今回の記事では、なぜ身体が重くなるのか
ダルくなるのか、どうしたら改善することが出来るのか。
全ての疑問を解消させたいと思います!

体がダル重い理由を知っていますか?

あなたの体はなぜそんなにもダルくて重いのか。
その理由を知っていますか?

理由を知らないと、改善するための方法を知ることが出来ません。
体のダル重さを取り除くためにも
まずは原因を知り、対策をする為の知識を身につけましょう!

筋肉の疲労感

デスクワークや立ち仕事によって酷使されているあなたの体は
筋肉が硬くなっていて可動域が狭くなっています。

筋肉が硬く動きにくい状態では、簡単な動きでも
ギシギシと重い動きになる原因となってしまいます。

朝になっても疲れが取れていないのであれば
睡眠だけでは解消しきれない体の疲労なのかもしれません。

精神的な負担

普段から疲れがたまっていませんか?
イライラすることが多かったり、言いたいことが言えなかったりしていませんか?
普段からストレスが溜まって精神的に負担がかかってしまうと
自律神経の働きが乱れてしまい
血液の流れが悪くなってしまいます。

血行不良になってしまうと身体中の筋肉が硬くなってしまい
体を動かしにくいダル重な状態になってしまうのです。

ストレスも大きな原因となっているので
身体的原因だけど意識しないようにしてください。

入浴が非常にオススメです。

体がダル重、たっぷりと睡眠をとっても解消されない時には
入浴がオススメです。

入浴は人間の体に多くのメリットを与え
あなたの悩みを解消してくれます。
この項目では入浴によって得られるメリットを紹介したいと思います。

入浴によって得られるメリットを知らない人は
必ず確認して入浴の有効性を理解して下さい。

血行促進で体をほぐす

入浴をすることにより当たり前ですが体を温めることが出来ます。
身体が芯まで温まることにより、血液の流れが速くなり
硬く凝り固まっていた筋肉をほぐすことが出来ます。

体がダルくて重い原因を直接的に解決することが出来るので
普段から湯船に浸かっていない人は入浴をオススメしています。

ストレス解消で心の負担を軽くする

ゆっくりと時間をかけてお風呂に入ることで
イライラや不安などの精神的負担を緩和することが出来ることを知っていますか?

入浴自体に癒し効果があり、温かいお風呂で
のんびりとした時間を過ごすことで日頃のストレスを解消することが出来ます。
イライラが溜まっている人やストレスをため込みやすい人は
週に1度は入浴をするように心がけてください。

入浴剤によってさらに効果を向上させることが出来ます。

入浴によって非常に素晴らしい効果を得ることが出来ますが
入浴剤を湯船に入れることにより
更にあなたの体を回復させることが出来ます。
今回は体がダル重で苦しんでいるあなたにピッタリな
入浴剤を3つ紹介させて頂きます。

これらの中から1つ選んで、実際に使ってみてください。
辛い体の重さとはオサラバしましょう。

Kankai(カンカイ)

一番最初に紹介する入浴剤はKankai(カンカイ)です。
珍しい生薬が配合された入浴剤で、腰痛や肩こり、
体の重さに絶大な効果をもたらします。

和漢パックを湯船に浮かべるだけで腰痛に対して有効な成分がお湯に滲み出るので
辛い腰痛の痛みを解消してくれます。
1週間に1度ローズミルキーバスを体験することも出来るので
家族で楽しむことが出来ます。


ホットタブ

2つ目に紹介する入浴剤はホットタブです。
重炭酸を配合させたことにより血行促進作用を向上させることに成功した入浴剤です。
血管を拡張することにより腰回りの筋肉をほぐすことができ
慢性的な腰痛や腰の重い感覚を取り除いてくれます。

体のダルさを取り除く効果もあります。
入浴剤の香りよりも効果を重視するという人にオススメです。


ミネラルバスパウダー

最近話題のバスソルトを使った入浴剤です。
ミネラルの含有量が世界一の「雪塩」をふんだんに使っており
腰痛や肩こりの改善だけでなくダイエット効果を得ることが出来ます。

太っていると腰に余計な負担がかかってしまい
体のダルさの原因になることもあるので
重さを取り除くためには非常に有効な入浴剤です。


まとめ

今回は体が重くてつらい思いをしているあなたの為に
入浴剤を紹介させて頂きました。

ダル重な状態で毎日を過ごすのは辛いので
入浴剤を活用して日々の入浴で疲れを汗と一緒に流しちゃいましょう。

この記事をかいた人

aj_writer
aj_writer

aj_writerが書いた他のコラム