ゆず風呂でリラックス効果と美肌効果を手に入れよう

ゆず風呂でリラックス効果と美肌効果を手に入れよう

日本人なら誰もが知っている入浴法「ゆず風呂」
ゆずを浮かべるだけで実践することが出来るという手軽さから
温泉だけでなく家庭でも実践できるお風呂として知られています。

ゆず風呂は香りを楽しむものだと思っている人はいますが
ゆずを入れることにより、あなたの体に様々なメリットをもたらします。

ゆずが手元にあるけど持て余している人や
お風呂を利用して美肌になりたい人はゆず風呂を実践してみてください!

ゆず風呂について

ゆず風呂とは、お湯を貯めた浴槽にゆずを浮かべることにより
ゆずの成分をお湯に混ぜる入浴法です。

江戸時代から続けられている歴史があり
冬至にゆず風呂に入る習慣として現在の日本にも根付いています。

スーパーなどで100円程度で売られているゆずを2,3個買うだけで
いつもよりも贅沢なお風呂を楽しむことが出来ます。

温かいお風呂で温まりたい冬や、ベタベタとした
汗をかいて気持ちの悪い夏などにゆず風呂は最適です。

どんな効果があるの?

ゆず風呂は入ったことがあるけど、どんな効果があるのか知らない。
香りを楽しむことがメインだと思っている人が多いので
効果を知らない人も多いのではないでしょうか。

ゆず風呂に入るだけで3つのメリットを得ることが出来るので
これらのメリットの中に1つでも「いいな」と思うものがあったら
ゆず風呂を試してみませんか?

血行促進作用

ゆず風呂には入浴によって得ることが出来る血行促進作用を
ゆずに含まれるヘスペリジンという成分によって更に引き出すことが出来ます。

ヘスペリジンには毛細血管をしなやかにする効果があり、
血流が流れやすい環境を作ることが出来ます。

血流が流れやすい環境を作ることが出来れば、血行は促進され
身体は心からポカポカと温まります。

冷え性はもちろんリュウマチにも効果がありますよ!

美肌効果

ゆずの薄皮や種にはペクチンという成分が含まれています。
ペクチンは肌をしっとりさせる成分でもありながら
あなたの肌を紫外線から守ってくれます。

紫外線の刺激を軽減することで、あなたの肌が老化することを防ぐ
アンチエイジングを実践することが出来ます。

殺菌効果も非常に高いので、特に肌を清潔に保ちたい人は
日頃からゆず風呂に入ると良いかもしれませんね。

リラックス効果

ゆずの香りの元になっている、リネモンやシトラスの成分は
自律神経に作用しあなたの心を落ち着かせることが出来ます。

ストレスが溜まってイライラしている時や元気がない時に
ゆず風呂に入ることによってゆずの香りで心の元気を回復させることが出来ます。

香りでリラックスして日頃のストレスを汗と一緒に流してしまいましょう!

ゆず風呂の方法は?

それではゆず風呂を是非実践してみたいという人に向けて
ゆず風呂の作り方を紹介したいと思います!
2種類の方法があるので自分に合っていると思った方を
明日にでも実践してみてください!

ゆずを切らずに入れる方法

42度程度に沸かしたお湯にゆずをそのまま2,3個入れます。
入浴の1時間前に予め浮かせておくことでゆずの成分が染み出し、
十分な効能を体験することが出来ます。

香りや成分を楽しみたいからと言って5,6個入れてしまうと
お湯の温度が下がってしまい体が芯まで温まらなくなってしまうので
多くても3個程度にしておきましょう。

ゆずを切って入れる方法

ゆずを半分に切ったり、薄くスライスするなどして切りましょう。
ネットに切ったゆずを入れて湯船に浮かべます。

ゆずを切らずに入れるよりも、果汁や薄皮の成分がお湯に溶け込むので
ゆず風呂を堪能することが出来る方法です。

ネットにゆずを入れておくことで、追い炊きをする時に
循環器の故障を防ぐことに繋がります。

単純に掃除が楽になるのでネットを必ず使いましょう。

ゆず風呂に入ると肌がヒリヒリする

ゆず風呂に入ってみたけど、なぜか肌がヒリヒリした。
身体の痛みがあると心配になってしまいますよね。

ゆず風呂に入った時の痛みの原因は、リモネンという成分が原因となっています。
ゆずの香りの元でもあるリモネンは油を分解し、皮脂を減らします。
汚れを落とすことにも使えますが、肌が弱い人がゆず風呂に入ると
皮脂が分解されすぎた状態でゆずの強い酸性の果汁で肌にヒリヒリと刺激が発生します。

肌が強い人が、ゆずの成分がたっぷりと混ざったお湯に浸かると
これらの原因で肌がヒリヒリしてしまうことがあるので
赤ちゃんや肌が弱い人はゆずを丸ごといれてゆず風呂を楽しむようにしましょう。

まとめ

ゆず風呂の効能から実践法まで詳しく紹介させて頂きました。
古くから受け継がれているゆず風呂は、どの季節に入っても心地よいものです。
一度入ってみたいと思ったら、スーパーに出向いてゆずを購入し実践してみませんか?